聞いたことないフォトボル出力フォトカプラ

フォトカプラは聞いた事があるけれど、フォトボル出力フォトカプラは聞いた事がない人は多いのではないでしょうか。そもそもフォトボル出力とは何か、フォトカプラとの違いはどこにあるのかを知らない人は多いと言えましょう。フォトボル出力の意味やフォトカプラとの違いを把握しておけば、電子回路を設計する時に、この場合はどのような電子部品を使えばベストであるのかを知る事が出来ます。尚、半導体製造会社のホームページの中には半導体についての詳しい情報を公開しています。この情報の中には参考回路例を初め、応用回路、半導体内部の透視図や断面図なども公開してあります。特に、内部透視図や断面図を見る事で、フォトボル出力フォトカプラの特徴を掴む事も出来ためお勧めです。

フォトボル出力の意味についてご紹介

フォトボル出力フォトカプラはフォトカプラの一種で、出力側に電源を設けずにMOSFETのゲートを駆動する事が出来る半導体素子です。フォトボル出力は電気的に絶縁を行いながら信号を伝える素子で、出力側には2本のダイオードが直列に接続してあり、発光ダイオードの光を受ける事で導通状態となります。発光ダイオードの光がゼロになると、ダイオードに流れる電流は遮断される事になります。尚、部品の種類に応じて内部にシャント抵抗が内蔵してあるタイプもあります。シャント抵抗が内蔵してあるタイプの場合、遮断時は僅かな電流を流す事が出来るなどの特徴もあります。ちなみに、出力側にMOSFETを内蔵してあるものをフォトMOSと呼び、ダイオードを内蔵しているものをフォトボル出力と言います。

フォトカプラとの違いについてご紹介

フォトボル出力フォトカプラもフォトカプラと同じような役割を持つ半導体素子です。但し、一般的なフォトカプラの場合は出力側にフォトトランジスタが内蔵してあるのに対し、フォトボル出力の場合は出力側に2つのダイオードが内蔵してあるなどの違いがあります。どちらも、出力側の負荷を切り替える目的で利用が行われる事、内蔵してある発光ダイオードの光に反応してスイッチのオン・オフを切り替えるなどの共通点があります。さらに、入力と出力のアースを絶縁する形で電子回路を構成出来るなどもあります。ちなみに、発光ダイオードは入力側に内蔵が行われている素子で、HIGH出力で点灯させる時にはアノード側にコントロール信号を送り、LOW出力で点灯する時にはカソード側にコントロール信号を送るなどの使い方があります。